Basic Attention Token(BAT)とBraveの仕組みを見る

Coinbaseが取扱を検討していて、話題のBATですが、「Brave社にデータを渡すことによりBATがもらえる新しいブラウザ!」とかいうweb3.0の思想をわかっていない見当外れな記事を多く目にしましたので、少しここで書いていきます。

チームについて

サンフランシスコに拠点を置くプロジェクトです。ブラウザのFireFoxや、プログラミング言語Javascriptの生みの親であるBrendan Eich氏がチームを率いています。

2017年5月にICOを実施し、35億円を30秒で調達しました。このICO参加するためにEthereumの手数料(Gas)を$6,600(約70万円)に設定しているトランザクションあったほど競争状態となり、参加を試みた10,000トランザクションのうちわずか185トランザクションだけが購入に成功したという競争率でした。

f:id:CoffeeTimes:20181101135438p:plain

チームの解決したい課題

Whitepaperではこの部分が分厚く書かれていますが、要点を整理して書くと、インターネット広告が複雑で非効率であるということです。 

インターネット広告はざっくり以下の3つの人物が登場します。

  • 広告を出稿して宣伝をしたい広告主(何でもいいですが、例えば広告を出したい2018.11.01 22:55



via : https://coffeetimes.hatenadiary.jp/entry/2018/11/01/123557