Ethereumの歴史を1000文字で見てみよう

Ethereumは、2014の7~8月にICOがされました。その後、Ethereum Switzerland GmbHという会社がICOの資金で正式にソフトウェアプロジェクトを開始しました。2015年の7月になりEthereumが公開され当時11.9百万トークンがネットワークに存在していました。

 

それ以来ここ2,3年で大きなアップデートがされてきました。

バージョンでいうと今、Metropolisの1つ目のフェーズです。

この前はというと、2015年7月にFrontierのリリースを迎え、2016年3月にHomesteadというバージョンになりました。

Metropolisの2フェーズ目へのハードフォークは、まだ正式な日程はアナウンスされていませんが、2018年のQ2かQ3になるだろうと言われています。

このアップデートのあと、少なくとも1バージョン控えています。(Serenityという名前の予定)

 

 

しかし、すべてのマイルストーン(アップグレード計画)が遅延なくこなせてきたわけではありません。

最も議論になったのが、2016年にThe DAOICOで150 million USドル(約150億円)を調達したときです。

Ethereumそのものでなく、そこに書かれたスマートコントラクトに脆弱性があり、攻撃され、Ethereumは緊急ハードフォークを実施したのです。

(Ethereum Classicを生み出したハードフォークです。)

これ以来、Ethereumのほうが注目を集めていますが、両チェーンともに争いなく共存を続けています。

 

他にもEthereum…



via : https://coffeetimes.hatenadiary.jp/entry/2017/11/26/180612