数年後のEthereumのネットワークの構造を考える

こんにちは、うどんです。数年後、あるいは十数年後、Ethereumがどのような構造になっているのか予想してみたいと思います。(なお、Ethereumじゃないかもしれませんが・・・w)

 

取引所

DEX(分散型取引所)の普及

これはすでに今あるように、取引所に私たちは頼っています。そしてそこに置いてある法定通貨や暗号通貨はGoxリスクを抱えているわけです。これをなくすのにDexといったものが考案され、実際に動いているものもあります。ですが現状、一般の取引所に比べて使い物になりません。長い待ち時間、低いトランザクションスプレット、低い流動性・・・。ですが将来、こういった問題はEthereum上に構築される予定のRaiden Networkを使ったRaidEXというDEXが解決してくれそうです。

詳しくはこちら

udon-cryptocurrency.hatenablog.com

ペックされたトーク

ですがこのようなDEXで法定通貨を扱うには、誰か法定通貨にペックしたトークンを発行し導入するほか手段がありません。
これは実際に例があって、Tetherというものがそうです。PoloniexでUSDTという欄がありますが、これは暗号通貨/USDTという板があります。あとはShapeshiftなどにでも取り扱われています。
詳しくはこちら。

法定通貨を仮想通貨化した「Tether」 – Genx Notes

また、Ethereum Networkにあるネイティブ通貨はEtherだけですので、そのほかの暗号通貨を組み込もうと思ったら、どこかに預けてペックされたトークン化する必要があります。([Cosmos]というプロジェクトはありますが、一つまたは数個のブロックチェーンネットワークでトークン化したものが普及すると私は考えてます。)
これはRippleにおけるIOUに似ています。なので、トレードする場合このようなトークンが普及すると思います。

まとめ

 

  • 現在の形式のような取引所は消える。
  •  その代わりに現在の取引所が暗号通貨や法定通貨の現物を預け、そのぶんのトークンを得る形式が普及し、それが業務となる。銀行のような仕事になる?
  • RaidEXなど、ペイメントチャンネルネットワークで動くDEXが一般的になり、現物にペックされたRipple NetworkにおけるIOU的なトークンがそこで売買される。

 

認証局の登場…



via : https://www.udon.blog/entry/2017/03/31/204655