Raidenの衝撃 ーEthereumでの超速ペイメントー

f:id:udoncryptocurrency:20170927180950p:plain

こんにちは、うどんです。最近は連載の方で忙しかったので、全く更新できていませんでしたが、3月中にあともう一つは更新したいと思ってます! 

P.S. 9/27に、最新情報を反映した大幅追記と訂正を行いました!

公式サイト

raiden.network

Raidenって何?

RaidenはState Channel利用することで、Ethereumのペイメント機能における能力を大幅に拡張するものです。ERC20規格に準拠したものが、送受信できるものが対象になります。ETHはERC20トークンに1:1でペックされたWETHで送受信することが想定されています。このプロジェクトによる効果として公式は以下のものをあげてます。

  • 取引手数料の大幅圧縮:3桁ダウンすることも?
  • 取引の超速化:1秒以内
  • スケーラブルなものに:参加者の数に比例して性能が良くなる

Raidenは「μRaiden、Raiden Network、Raidos」3つのプロジェクトを立ち上げています。それぞれ、どのようなものか見ていきます!

μRaiden

f:id:udoncryptocurrency:20170927180920p:plain

Raiden Network – Fast, cheap, scalable token transfers for Ethereum

μRaidenは2者間でのペイメントを拡張するものです。これも超速取引と手数料圧縮が可能になります。Raidenチーム側が想定しているのはDappsなど、1対多数のペイメントのユースケースを想定しているようです。取引所などでも同じようなことができそうですね!

www.youtube.com

こちらのデモを見ていただければわかるように、オフチェーントランザクションは1秒以内に済んでます!

こちらのμRaidenは、公式ホームページによると2017年9/27日現在、外部のセキュリティ監査を受けている状態だそうです。メインネットへの実装も間近のようですね。なお、2017.11.27 01:54



via : https://www.udon.blog/entry/2017/03/14/222359