【9日】プラストークン、12,646BTC(約140億円)の資金を移動・・今後の動き注目すべき

【プラストークン、9日に12,646BTC(約140億円)の資金を移動・・今後の動き注目すべき】

ブロックチェーンセキュルティー企業「ChainsGuard」によると、スキャムプロジェクトの疑いのあるプラストークン(PlusToken)が所有していると推定されるビットコインウォレット(1Li4mUc3hCGMB6cgQiJCwTvLMYwkfKHZY8)から12,646BTC(約140億円)の資金移動があった。

9日の23時20分(日本時間)から約4,000BTC以上の大量のビットコインが3回にわたり、合わせて12,646BTCが移動された。

今回、移動されたBTCは10日12時以降、違うアドレスに分割されたが、取引所に流れてはいない。

ウォレット(1Li4mUc3hCGMB6cgQiJCwTvLMYwkfKHZY8)は8月23日に作成され、当日33,705BTCがこのウォレットアドレスに入金された。

現在、このウォレットには4,233BTCが残っており、違うウォレットに移動される可能性が高いと「ChainsGuard」は説明した。

大量のBTCが売られる可能性もあるため、資金の動きには注意し取引をする必要がある。

参照元:CoiNess

参照元:blockchain.com

自分に合った仮想通貨取引所を見つけよう!!

仮想通…



via : https://www.coinjinja.com/blog/posts/2019/9/plustokenwallet