Power Ledger、太陽光発電の余剰電力をブロックチェーンで追跡可能に

オーストラリアのテック企業Power Ledgerは日本の関東地方を対象に、太陽光発電で発生する余剰電力の取引をブロックチェーンを利用することで、P2Pで行うことを可能にするとのこと。エネルギー取引をリアルタイムに追跡可 […]



via : https://btcnews.jp/601zcu1930040/